Pocket

上水道よりも低価格な”工業用水”を上手く活用されていますか?

使用水量の多い工場などでは、上水よりも安価である工業用水を契約して、雑用水や冷却水、洗浄水などとして利用されている場合があると思います。工業用水を高度な膜を使ってろ過、浄水し、現在使用中の上水道の代わりに、飲料水として使用することができるシステムがあるのです。

工業用水をろ過して活用することでコストを下げるという画期的な水道料金の削減方法を、ご紹介します。

工業用水とは何か

そもそも工業用水とは、何を指しているのでしょうか。

工業用水は、工業用水道を通って供給されている水であり、冷却や洗浄、ボイラーなど主に製造用水として使用されている水のことを指します。我々が普段口にする飲料水とは違い、水処理の工程で殺菌処理やろ過はされていません。
あくまで人体に触れる以外の用途で使用する用水のことを指しており、トイレの流水、ビルの冷却、洗浄、保温、またボイラー用水としてなど、様々な用途で使われています。

また、工業用水は元々は、地盤沈下の原因となっている地下水の過剰な汲み上げを制限するため、国や自治体が地下水を工業用水道として管理し、地盤沈下を防ぐという側面がありました。

工業用水と水道水の違い

飲料水(水道水)にしても工業用水にしても、ダムや川、地下水脈から水を引いて貯水し、細かい砂やゴミなどを沈殿させるという工程までは、ほぼ変わりません。上水道を通ってまかなわれる水道水の場合は、その後ろ過したり殺菌したりする「浄水」を行い、人体に触れたり体内に入ったりしても安全な水を作ります。
一方、工業用水の場合は、ろ過や殺菌は行わず、綺麗になった上澄みをそのまま工業用水道に提供します。

上水と工業用水の違い

これが、水道水と工業用水の違いなのです。

工業用水は有害か

工業用水とは言え、沈殿物を取り除いた上澄みを使用しているため、有害な水なのかというと、実はそうとも言い切れません。
精密機械を扱っている工場でも製造用水として使用できる程度には、砂や細かいゴミ、不純物などは除去されてから供給されています。

しかし、飲料水に適用される水道法に基づいた水質検査は行われていませんので、工業用水をそのまま飲むことは控えるべきでしょう。
工業用水にも水質基準は設けられてはいますが、飲料水の検査項目や基準値とは異なります。工業用水の水質基準は自治体によっても異なりますが、規定値が3項目しか定められていない地域(※)もあります。また、人体に有害な毒素や微生物などはほぼ排除されていませんので、飲料水としての使用はできません。

※参考元:埼玉県 工業用水の水質 http://www.pref.saitama.lg.jp/c1304/90d00-01kousui/90d00-01-kousui-suisitsu.html

工業用水を上手に活用

工業用水は低料金である

規模の大きな工場では、上水道と工業用水道の両方を利用していることも多いでしょう。
工業用水道は、上水道と比較して非常に安価なため、工業用水道を使うことで水道代の節約になるからです。

例えば、使用水量が3,000㎥/月の工場があったと仮定します。これを全て上水道でまかなうと、自治体にもよりますが120万円/月程度かかります。年間でいうと1,440万円の水道料金になります。

この3,000㎥の水量を、上水道ではなく全て工業用水道でまかなうと、自治体にもよりますが30万円/月程の水道料金に抑えられる可能性があります。
年間の水道料金が360万円になり、全てを上水道でまかなうより計算上は1,000万円/年以上削減できることになります。

参考URL:東京都水道局
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tetsuduki/ryokin/keisan_23.html
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suidojigyo/kosui/ryokin_08.html

この例はあくまで上水道を一切使用しない場合ということになりますので、実際にはこのような単純な計算になることはありません。飲料水の確保ができなくなるためです。
では、工業用水をどのように活用すれば、水道料金を削減することができるのでしょうか。

上下水道と工業用水を併せて使う

製造用水として工業用水を使用し、飲料水として上水道からの水を使用するというように、用途によって使い分けて活用します。

しかし、ここで発生するのは工業用水が余るという問題です。
工業用水の契約の仕組みをご存知でしょうか?
工業用水は、月の使用水量を予め決めて申し込み、その契約水量分の料金は使っても使わなくても支払うことになっています。
さらに、その上限を超えると超過料金が発生する仕組みであり、また、契約水量の減量や解約も難しいのが現状です。

例えば、東京都の場合、水量制限内の利用の場合は29~64円/㎥という一見低価格な料金ですが、制限を超えると158円/㎥と2倍以上になります。
超過料金が発生するのを避けるため、上限を多めにして申し込んでいる場合が多く、また、最低使用水量も定められているため、必然的に工業用水が余る場合が多いのです。

この余剰工業用水を、うまく活用できないか。
そう思いませんか?

余剰工業用水を飲料水に

先述したように、工業用水は飲料水としては適していません。では、その工業用水を飲料水にするとは、どういうことなのでしょうか。

それは、工業用水を高度な膜処理によりろ過し、飲料水として提供できるレベルまで浄水し供給するということなのです。

工業用水のろ過フロー

なお、工業用水を飲料水として使用するためには、保健所から専用水道事業認定をしてもらわなければなりません。
人体に入っても安全な水質かどうか、検査をし明確にするためです。

余剰工業用水を活用することで、どれくらい経費が削減できるのか

工業用水を飲料水化することで、どれくらい経費を削減できるのでしょうか。
簡単な例を挙げてみましょう。

ある工場では、これまでは製造用水や飲料水を合わせて4,000㎥/月の水量を使っており、そのうち上水道から2,000㎥、工業用水道から2,000㎥という内訳でした。金額にすると、合計で約100万円/月の水道代がかかっていました。

例えば、これを現在使っている上水道のうち1,000㎥を工業用水道に変更し、上水道1,000㎥、工業用水道3,000㎥という内訳にしたとします。
上水道の水道料金は40万円ほどに抑えられる見込みとなり、工業用水の水道料金は少し上がりますが、おそらく30万円ほどです。
合計で月の水道代は70万円弱となり、30万円/月のコスト削減になるわけです。
年間でいうと360万円の削減が可能になります。
(東京都の料金を参考にしています)

もちろん、実際にはこれほど単純な計算にはなりませんが、普段使用している水量が多ければ多いほど、余剰工業用水をろ過して飲料水に切り替えることで、削減できるコストは大きいでしょう。

まとめ

工業用水は上水道に比べて非常に低料金です。
また、工業用水の契約は、余剰分の料金も発生する仕組みになっているため、余剰分をいかに有効活用できるかが、コストダウンの鍵となるでしょう。
水処理を施すことで飲料水としても使用できるので、使用水量の多い工場や施設では、余剰工水を第二水源として使用できないか検討してみると良いかと思います。

なお、余剰工業用水の有効活用で、水道料金削減率の半減に成功した実例は、下記よりご覧ください。


ミズカラ株式会社(旧:アクアテクノシステムソリューションズ株式会社)