Pocket

現場調査や作業は時間と手間がかかる

水処理設備を提供する当社では、プラントをお客様に納めた後に、プラントのメンテナンスを請け負っています。

異常警報や故障が起こった場合に、図面や取扱説明書など膨大な紙の資料(完成図書等)から探し出し、その後現場へ向かう、といったことや、協力会社の方とプラントの配置や状況を共有することに手間がかかる、など、書類探しや現場作業、情報共有に多くの人手と時間を割いてきました。

そこで、建築現場の情報共有システムとして使われていたツールを、作業効率の向上を目的に設備共有化ツールとして導入を始めました。

どんなアプリ?

このアプリ(ツール)は360度カメラで撮影したパノラマ写真をクラウド上に取り込み、配置図等の図面にそのパノラマ写真を配置し、写真の中にある各機器類に取扱説明書やメンテナンス履歴、設備機能等の書類で管理していた情報を登録し、共有化するというものです。

360度カメラ

 

設備共有化ツールは、360度を自由に確認できる写真上で情報の一元管理ができるため、遠隔地でも確認したい設備の場所を把握することができます。また、Google ChromeなどWEBブラウザからも利用することができるため、アプリをインストールしなくても誰でも気軽に活用することができ、社内外の情報共有を容易に行うことができます。

設備を遠隔からサポート,PCブラウザ,スマートフォン,タブレットからでも

「現場が遠く、行くのが大変だ」
「設備台帳やメンテナンス記録が見つからない」
「設備と図面が同じものかわからない」
「担当が転勤し引継ぎができず、いつ修理したかわからない」

といった困りごとはありませんか?

どれも探す時間(=人件費)が余分にかかり、作業効率が悪いと感じたことがあるのではないでしょうか。

探しにくくて片付かない資料の山

これらの問題点を解決できるものが設備共有化ツールです。

例えば、故障した部品を確認するために遠くの現場に行くのは大変だと思います。この設備共有化ツールを使用すれば

「事務所のパソコンやスマートフォンから確認できる」
「故障した装置や部品の図面を探すために検索機能を使ってすぐに探し出せる」
「設備と紙の図面が同じものかわからないが、360度写真だとすぐに管理できる」

といったように問題を解決できた例が多くあります。

外出先や色んな場所からスマホ,タブレットで共有化

少し離れた場所でも現場に行くとなると、かかるのは交通費だけではありません。
1人にかかる人件費が仮に1時間2000円だとすると3時間で6000円、現場まで確認するための交通費を含めるとさらに高額な費用が必要になってきます。しかし、このツールで問題を解決することができれば、このような人件費も削減することができます。

利用者様の声

実際に導入して効率もコストも改善された事例がこちらです。

初めて導入を検討した時は、「ストリートビューが建物内で見られる感覚なので、これは単純に使えるな」という前向きな印象でした。導入してみると1件当たりにかかる作業時間を、おおよそ半分まで削減できるとまでは思いませんでした。

今までなら、現場で抜け漏れがないように細かくデジタルカメラで写真を撮っていましたが、360度で撮影できるからこそ、会社に戻った時でも抜け漏れなく確認できる安心感があります。

また、丸一日かかっていた現場調査が半日で終わるようになって、現場資料をまとめる時間も半分くらいの時間でこなせているんです。

報告書作成時も、もともと大量にあった写真から特定個所の写真を探さないといけなかったのですが、場所ごとにデータを管理しておけば、すぐに欲しいデータを取り出すことができ、作業が楽です。物件全体を視覚的に記録できるので、急な仕様変更が入っても現場に行かず、オフィスから対応できるんです。これだけでも工数を減らすことができたと思います。

どれくらいメリットがあるの?

さきほどの利用者様の事例を仮に計算してみると…

(導入前) 人件費3000円(1時間) × 8時間 = 24,000円+2,000円(交通費)
(導入後) 人件費3000円(1時間) × 4時間 = 12,000円

=26,000円(導入前) - 12,000円(導入後)= 14,000円(約54%)のコストダウン

〇この作業が1ヵ月間で10回あったとすると…
=260,000円(導入前) - 120,000円(導入後)= 140,000円のコストダウン

〇さらに年間(120回)だと…
=3,120,000円(導入前)-1,440,000円(導入後)= 1,680,000円のコストダウン

※人件費には社会保険料なども含んだものとします。

ここからさらに
・設備台帳やメンテナンス記録を探すための人件費
・現場へ訪問する際に担当者に取り次ぎをする人件費

このように業務を複数人で行っていれば+αのコストダウンが見込めます。

また現場でのケガや移動中の事故などのリスクも減らすことができますよね。

操作はシンプル

この設備共有化ツールは、操作も簡単です。

アイコンを押していただくだけで登録されている情報が見れ、検索欄に必要な設備や内容を打ち込むと一覧としてすぐに検出可能です。また、導入の際は、当社で図面の登録や360度カメラの撮影作業の代行も請け負います。

アプリ,ツール,操作画面

こちらのアプリ導入について説明を希望される場合はページ下部のお問い合わせフォームから「設備共有化アプリの説明希望」とお送りいただけましたら、担当者が対応いたします。ご検討のほどよろしくお願いいたします。