Pocket

製造業の大きな間接コストの一つである水道料金。今回は、工業用水道の料金について考えていきます。

料金は個々で結ばれる形の契約に近く、バラバラなのが実情なのですが、地域などに一定の基準があります。ご存知の通り、製造業などの産業活動において供給される水については工業用水とされ、補助を受けることができたり、循環して使用することで水道料金を下げることができます。また、上水道料金と比較すると工業用水として使用していた方が、1㎥あたりの料金は安価です。

ここでは工業用水道の料金について詳しく説明した上で、さらにコスト削減できる条件を探っていきます。

1.工業用水道とは

工業用水道事業法では、

この法律において「工業用水」とは、工業の用に供する水(水力発電の用に供するもの及び人の飲用に適する水として供給するものを除く。)をいう。
この法律において「工業用水道」とは、導管により工業用水を供給する施設であつて、その供給をする者の管理に属するものの総体をいう。

この法律において「工業用水道事業」とは、一般の需要に応じ工業用水道により工業用水を供給する事業をいう。

引用:電子政府E―GOV「工業用水道事業法」

とされています。

使用水量の多い業種としては

  1. 化学工業、鉄鋼業
  2. パルプ・紙・紙加工品製造業

となっており、補給水量では

  • パルプ・紙・紙加工品製造業
  • 化学工業
  • 鉄鋼業

となっています。
また、回収率の高い業種は

  • 鉄鋼業(90.4%)
  • 輸送用機械製造業(89.1%)

となっており、90%前後の水を循環して利用しています。

参照:平成28年経済センサスー活動調査 用地・用水編 経済産業省

2.工業用水料金体系の仕組みについて

工業用水道の料金体系は二部料金制となっています。
この二部料金制というのは、工業用水を使用する際に、申請した水量によって決まる基本料金と、実際に使った水量に比例した従量課金つまり使用料金との二つからなっています。

  • 基本使用水量:利用に当たって申し込まれた水量(日量)
    最低申込水量は30立方メートル/日
  • 使 用 水 量 :実際にその月に使用された水量のうち超過水量を除いた水量
  • 超 過 水 量 :単位時間当たりの基本使用水量を超えて使用された水量
  • 料金(税抜)=(基本料金+使用料金+超過料金)+ メーター使用料
  • 基本料金:基本使用水量にかかる料金
    (基本使用水量×基本料金単価×その月の日数)
  • 使用料金:使用水量に応じた料金(使用水量×使用料金単価)
  • 超過料金:超過水量に対する料金(超過水量×超過料金単価)

(引用:大阪水道事業団ホームページhttp://www.wsa-osaka.jp/kousui/ryoukin/#tanka

3.工業用水道料金の平均相場とは

前述の通り、工業用水については個別契約に近いので、条件はバラバラで、料金は一定ではありません。

しかしながら一定の目安として、主要な都市(東京、大阪、北海道、千葉)では下記のようになっています。

東京都の工業水道料金

基本料率第一種1m³につき29円基本水量中、井戸を廃止して工業用水に転換した水量の2分の1に適用します。ただし、転換水量が200m³/日未満の場合は、100m³/日までの水量とします。
第二種1m³につき64円基本水量のうち、第一種基本水量を除いた水量に適用します。
超過料率1m³につき158円基本水量を超えて使用した水量に適用します。

※基本水量…お客さまからの申込みを受け、当局が決定した一日当たりの予定使用水量
「東京都水道局ホームページ(http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suidojigyo/kosui/ryokin_08.html)より引用」

 大阪府の工業水道料金

給水料金単価(税抜)
基本料金単価1立方メートルにつき32.4円
使用料金単価1立方メートルにつき10.4円
超過料金単価1立方メートルにつき85.6円
月額メーター使用料(税抜)
口径(内径)料金
50ミリメートルから500ミリメートル500円から3,500円
501ミリメートルから900ミリメートル4,000円から7,000円

「大阪広域水道事業団ホームページ(http://www.wsa-osaka.jp/kousui/ryoukin/)より引用」

北海道の工業水道料金

基本料金

特定料金超過料金

室蘭地区工業用水道

18.0円/㎥

22.5円/㎥

27.0円/㎥

苫小牧地区工業用水道

20.0円㎥

25.0円/㎥30.0円/㎥

石狩湾新港地域工業用水道

55.0円/㎥68.8円/㎥

82.5円/㎥

「北海道企業局工業用水道課ホームページ(http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kg/kgs/cost-and-entry.htm)より引用」

千葉県の工業用水道料金(基本料金のみの推移を公表)

地区当初当初
設定日
S49年4月1日
改定
S52年4月1日
改定
S61年4月1日
改定
H14年4月1日
改定
H26年4月1日
改定
現在
東葛・葛南41.00H16.441.00
千葉7.00S46.413.5018.5020.0023.0023.00
五井市原4.00S39.49.0016.0019.5019.50
五井姉崎5.50S42.39.0014.5017.5017.50
房総臨海53.00S61.453.00
木更津南部5.00S44.411.5019.0024.0021.5021.50
北総45.00H5.945.00

「千葉県 水道局 工業用水部事業管理課経営改善室ホームページ(https://www.pref.chiba.lg.jp/suidou/kykanri/kougyouyousui/gaiyou/ryoukinnosuii.html)より引用」

全国の平均値を出すことは非常に難しいですが、
全国の数値については下記の工業用水関連情報JIWAをご確認ください。
工業用水関連情報JIWAホームページhttp://www.jiwa-web.jp/jiwa-info/url/ryoukin.php

4.余剰工業用水を転用してコストダウン

前述した通り、工業用水の使用料金は上水道料金よりも安価で、また契約水量の余剰分が出やすい傾向にあります。今回は、この余剰工業用水を飲料水に変えることで、水道料金を大幅に削減する方法をご紹介しましょう。

工業用水は我々が普段口にする水道水とは異なり、工場などで生産活動時に供給される水のことを指します。普段人体に取り込むことのないトイレの流水や、ビルの冷却、洗浄など用水として使われています。

では、工業用水はそもそも有害だからそのような用途で使われているのでしょうか?
工業用水は、水道水のようにろ過や殺菌などの処理はされませんが、実は沈殿物は取り除かれているため、決して有害ではありません。しかし、飲んだとしても死に至るほどの有害性はありませんが、微生物や人体に有害な毒素は残っているので、そのままで飲料水の代わりとして使用することはできません。

工場で工業用水を有効活用する方法

多くの工場では、工業用水と上水道を併用して水道料金を節約している施設が多いかと思います。運営に必要な水のすべてを上水道から使うよりも、工業用水を取り入れると、工業用水の方が安価なため、施設にもよりますが年間200万~300万円近くも節約できるのです。

しかし、工業用水には契約水量があり、多くの工場では追加料金を避けるために多めに工業用水を申し込むため、どうしても工業用水が余ってしまうのです。そこで今、その余った工業用水を水道水(飲料水や用水)に変えてコストダウンを図るというアイデアが、注目されています。

工業用水を飲料水に転用すると料金を大幅に削減できる

工業用水をどうやって水道水に変えることができるのか?と疑問に思う方も多いと思います。

実際には、保健所から専用水道事業認定が認められれば、工業用水を水道水として使うことは可能です。
つまり、工場で今まで使っていた工業用水の余った枠を、安全な水質の飲料水に変えて使用することができるということです。

では、今まで上水道と工業用水を併用していた工場が工業用水を飲料化することで、どれだけ水道料金を節約できるでしょうか?
工場の規模や水の使用量によってコストダウンできる料金は変わりますが、水の使用量が多い施設ほど、工業用水の飲料化におけるコストダウンは期待できると言えます。

例えば、東京都の場合、上水道料金は最大で404円/㎥ですが、工業用水だと第一種:29円/㎥、第二種:64円/㎥と1/6~1/14程度の料金になるので、工業用水を上手く活用できると、コストダウンの大きな味方となるのです。

参考)東京都水道局 水道料金・下水道料金の計算方法(23区)
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tetsuduki/ryokin/keisan_23.html?area=23ku
東京都水道局 工業用水道料金
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suidojigyo/kosui/ryokin.html

工業用水の飲料水化にかかる費用は?

上水道の代替として工業用水を飲料水化するためには、工業用水を高度浄水ろ過するシステムが必要になります。

「システムの導入」と聞くと、設備費や工事費などのイニシャルコストが不安になりますよね。

当社ミズカラ株式会社(旧:アクアテクノシステムソリューションズ株式会社)では、イニシャルコスト不要で飲料水化設備を導入することができるオンサイト方式(※)を採用しています。

※オンサイト方式とは

井戸の掘削やプラント費用・基礎工事や配管工事・電気工事など、導入にかかる全ての初期費用を当社で負担する方式のことです。設備は当社所有になり、お客様は供給される水の使用量に応じた料金を、従量料金としてお支払いいただく仕組みです。
また、契約期間中に発生する毎月のメンテナンス費用・薬品費・ろ過装置のろ過材などの消耗品費、ポンプなどの故障時の修理費に至るランニングコストも全て月々の使用水量1㎥あたりの従量料金に含まれています。

つまり

  • イニシャルコスト不要
  • 水道料金のコストダウン保証
  • フルメンテナンス(ランニングコスト込み)

など、多くのメリットがございます。

オンサイト方式による大手化学工場様での余剰工業用水の飲料水化の実例は、こちらをご覧ください。

 

余剰工水や水処理全般に関するお問い合わせを随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。