万が一に備えたい

万が一に備えたい

「万が一に備えたい」

不測の事態を地下水や貯水槽で

昨今では以前にも増して、地震や台風といった天災が増え、水道配管の劣化に伴う漏水等もあり、突然の断水が増えてきています。水道の復旧は電気と比べ非常に時間が掛かるため、備えとして、地下水の活用や貯水槽の設置をご提案しています。

 

 

事業継続(BCP)&地域貢献

水の確保は、事業の継続に繋がるだけでなく、地域貢献も可能となります。お客様の中には、地震による断水時に、近隣住民の皆様が飲料可能な地下水を提供することで、「地域にとって重要な施設だ」と感謝されるような関係性を構築されています。

 

 

BCP対策で導入されたお客様の声





詳しく見る☞【茨城県】医療法人滝田会 丸山荘病院様 自家水道導入 新規井戸掘削


カタログを請求する
その他の実績を見る


「コストを抑えたい」

地下水や工業用水を活用して水道料金を コストダウン

一般的に上水道料金は、使えば使うほど水道単価が徐々に上がっていく『累進課金』という仕組みをとっています。これは、利用者が水を使いすぎないよう、節水を促すための仕組みとも言われています。そのため、水を大量に使用する大規模な企業様ほど高額な上水道料金を支払っていることになっています。そこで当社では、地下水や工業用水を活用することで、高額な上水道使用量を抑え、水道コストを抑えるサービスを提供しています。

一般的なフロー図
 

導入メリット

1 コスト削減

井戸の掘削や水処理設備、工事、その後のメンテナンスから消耗品の供給まで、全て当社の責任・費用で導入。お客様は、使われた水量分を当社にサービス料金(例えば1㎥当たり250円)をお支払いいただきます。

2 水質向上

水道水よりも高品質な水をご提供。本システムは、当社独自のノウハウを生かし、高度な膜を使った膜ろ過装置を採用しているので、有害物質や細菌類、ウイルスなどを確実に除去することができます。

3 非常水源の確保

深層地下水を採取するので、非常事態発生時には上水道以外の第二水源としても水を確保。渇水時期の取水制限時にも利用することができるので、水の確保に関するリスクヘッジになります。

4 保証内容の充実

◎お客様に供給する水質保証(水道法遵守) ◎お客様に必ずコストメリットが出るように確約(上水道料金が下がった場合、本システム故障時含む) ◎機械トラブル時、井戸枯渇時におけるプラント保証など、多彩な保証を整備しています。

5 フルメンテナンス体制の整備・24時間遠隔監視システム

安心のフルメンテナンス体制を整備。 24時間遠隔監視システムの採用によりトラブルを予見、迅速対応いたします。

    24時間遠隔監視システム

遠隔監視システムフロー(左図)/実際のプラント(右図)

      


初期費用ゼロで導入できます

オンサイト方式による販売方式とは

一般的なリース契約とは違うシステムです。導入した設備は当社が所有し、お客様が実際に使用した水量に応じて㎥あたりの単価で算出した使用料金をお支払いいただく方式です。井戸メンテナンス以外の事業全てに適応可能です。

1 当社が金融機関より資金調達し、設備を納入します。お客様により資金負担はありません。

2 お支払いは使用水量による従量料金のみ。固定費が発生せず、完全オフバランスが実現できます。

3 当社はお客様に対してシステム導入によるコスト削減額を保証いたします。

4 設備は当社が保有し、性能保証を行い、保守メンテナンスの責任も当社が負います。

5 期間契約と総水量契約が選べます。

※買い取り方式でのお引取も可能です。


工業用水の有効活用

「契約水量を見直したいが違約金がかかってしまう」「余剰契約分があるのに超過金が発生している」そんな場合でも、ろ過プラントを初期費用不要のオンサイト方式で導入できるので処理水は上水道と同様に活用でき、さらにコストダウンが可能です。また、水質が安定せず一部ラインで使用できない。というようなこともありません。あらゆる面で安心してご使用いただけます。